大地整形外科|岩倉市大地新町

医院案内

  1. HOME
  2. 専門外来
  3. 痛み止め注射

痛み止め注射

院長自身、首や腰のヘルニアを患っていました。痛みのつらさを実感し、理解しています。
つらい慢性痛には、「痛みを和らげること」を優先に、治療を行います。
痛み止め注射もその1つです。
注射は苦手・・・という方も多いとは思いますが、治療やリハビリをしてもなかなか痛みがひかないという方には、痛みを抑えるための治療の選択肢の1つとしてお考えください。
痛みをとめる注射には、いろいろな種類があります。
痛みの状態や症状によって効果のある方法が異なりますので、お気軽にお尋ねください。

より専門的な施術が必要な場合は、連携病院の整形外科や麻酔科にご紹介いたします。
以下に代表的な注射治療の内容をご紹介します。

トリガーポイント注射

頑固で慢性的な「肩こり、首や腰の痛み」に、トリガーポイント注射

マッサージをしても、温めても治らないコリのような痛みは、「慢性痛」の可能性があります。
その慢性痛を和らげるのが、「トリガーポイント注射」です。

トリガーポイント注射とは

肩や背中、腰などのトリガーポイント(筋肉の緊張やこわばりがある部分)に注射します。
このトリガーポイント注射療法は、直接病気の原因を治療するものではありませんが、繰り返し注射することで痛みを緩和する効果が期待できます。
個人差はありますが、1回目の注射で「痛みが半分くらいになった」とおっしゃる患者さんが多いようです。
痛みの改善が見られれば、その後は1週間に1回くらいのペースでトリガーポイント注射を行います。何度か注射するうちに、徐々につらい痛みが治まってくることも少なくありません。

硬膜外ブロック注射

辛い「ヘルニアや坐骨神経痛の痛み」に、硬膜外ブロック注射

ブロック注射には多くの種類がありますが、その中の代表的なものに硬膜外ブロック注射があります。
局所麻酔を使って、脊髄にある痛みという神経機能をブロックするのが、「硬膜外ブロック注射」です。

硬膜外ブロック注射とは

背中にある脊髄をおおっている硬膜の外側に、局所麻酔を注射します。
脊髄や神経に注射をするのではなく、その周りに麻酔をすることで、その先にある腰や脚の神経の痛みを和らげます。
個人差はありますが、1回目の注射で痛みがとれてしまう人も入れば、何度か注射する必要がある方もいます。

ヒアルロン酸注射

「五十肩、膝の痛み」などの関節痛に、ヒアルロン酸注射

「ヒアルロン酸注射」というと、ほうれい線を消すための美容注射を思い浮かべるかもしれませんね。
それとは異なり、つらい四十肩、五十肩や膝の痛みを改善するために、関節にヒアルロン酸注射を行います。

ヒアルロン酸注射とは

ヒアルロン酸は、関節の内部を満たしている関節液の主成分です。関節の軟骨がすり減った上に、関節液内のヒアルロン酸が減ると、骨と骨の間の粘り気や弾力性が低下して、膝や肩の関節が痛みます。

トリガーポイント注射と同じく、直接病気の原因を治療するものではありませんが、関節液の主成分であるヒアルロン酸を、直接、関節に補充することで、痛みを緩和する効果が期待できます。

これまで、ヒアルロン酸注射は、1週間おきに5回注射して、その後は必要に応じて注射を追加するタイプしかありませんでしたが、2010年12月から、1週間おきに3回注射するだけで比較的長期間の効果が期待できるタイプが日本でも使えるようになっています。

参考リンク

0587-96-8500

よくあるご質問

パソコンの方は

一般診療・リハビリWEB診療予約

携帯電話の方は

QR

右のQRコードを読み込んでアクセスしてください。

当院の診察券をお持ちでない方は、当日の順番受付となりますので、直接ご来院ください。
受付時間は午前11:30まで、午後18:30までとなります。
またご予約のない方も、当日受付順に診察を受けていただけます。

0587-96-8500
厚生労働省が進めている「仕事と介護の両立をサポートしている企業」として認定されました!

>医院情報

大地整形外科|0587-96-8500(予約優先制)

医院基本情報

〒482-0025 岩倉市大地新町1-50

診療時間
9:00~12:00、16:00~19:00
休診日
日曜、祝日、木曜午後、土曜午後
診療科目
整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科
診療時間(受付開始時間)
9:00~12:00(8:45)
16:00~19:00(15:45)

当院の診察券をお持ちでない方の受付時間は
午前11:30まで、午後18:30までです。

診療カレンダー

Calendar Loading

…休診 …午後休診 …その他